引き継ぎや対応についての方針について

第一子を妊娠・出産した際に、お世話になった病院の看護師さんの対応が、病院としての対応方針が定まっていないのか両極端だと感じました。初めての出産で何も分からない患者に対して、その不安に寄り添って、安心させたり励ましてくれる看護師さんがいる一方で、何でそんなことも分からないの(しかも、一度も説明を受けていない事柄について)、といった感じで責めてくるような看護師さんもいました。不安定な精神状態の分娩時に後者のタイプの看護師さんが担当になってしまった私は、かなり辛かったです。出産後は、いろいろな不安を聞いてくれる看護師さんが担当になってくれることが多く、とても有り難かったです。
また、引継ぎがきちんとされていないのか、治療等について等、患者に確認することが多く、とても不安になりました。出産後すぐに血圧などを測定しに看護師さんが来たのですが、そのことが引継ぎされてなかったのか、その後、別の看護師さんも来たので、先程測りましたよ、と伝えたところ、「誰が来たの?!」と詰問されたことがありました。「誰かなんて知りませんよ!引継ぎしてないんですか?」と言いたいところでしたが、産後でぐったりしていて、寒気が治まらない状態だったので、やんわりと返事をしました。
病院に来る人は、多かれ少なかれ、心も弱っています。心のケアも含め、病院としての方針を定めてほしいと感じました。また、引き継ぎはきちんとする体制を整えてほしいです。広島県呉市の病院に通っていました。

 

看護師さんの人手不足は深刻な問題なのですね。これは呉市に限らず全国的な問題となっているみたいですね。少子高齢化が進んでいく中でこの問題はさらに深刻になっていくのかもわかりませんね。

 

看護師求人呉市というサイトにはそこらへんの実情がとても詳細に書いています。子供たちの将来を考えるととても不安になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です