大学病院の連携の良さに驚きました。

私は去年の12月にバセドウ病を発症し、地元・金沢の病院に2週間ほど入院をしていました。
しかし結婚して住んでいるのは大阪なので、退院後大阪にすぐに戻り、薬が切れていたこともあり急いで近くの大学病院へ向かいました。
その病院を選んだ理由は、知り合いが同じ病気になったことがあり、おすすめの先生を紹介してくれたのがきっかけでした。
そして時間のある日に初診で向かいましたが、あいにく紹介してくださった先生は担当日ではなくお休みでした。
受付の方に紹介状を渡しこれまでの経緯と薬が切れていること、そして担当希望の先生名を伝えると、「少しお待ち下さい」と言ってしばらくして戻ってきてから、
「本来ならば紹介状に担当医名の記載がないと診てもらうことはできませんが、薬が切れていること、そして紹介者の方の経歴等もあったので予約させてもらいますね。ただ、今日は先生はいらっしゃらないので、明日もう一度足をお運びいただけますか?」とのことでした。
また、「明日の受付時、受付担当に今日のことを言ってもらえれば、スムーズに対応させてもらいますね」とのことでした。
翌日また向かい、受付の方に伝えると、メモのようなものを確認し、「○○さんですね、お話は伺っていますのでどうぞ」と初診カードを作るまでかなりスムーズに対応していただきました。
また、実際採血や診察に向かうと、それぞれ担当の方から「○○さん、昨日も来ていただいたんですよね。」と全ての看護師・受付の方に報告・連絡がいっていたようで、初めての病院で不安だらけでしたがとても安心したのを覚えています。
また、検査結果が良くなかったこともあり、正直怖くて泣きそうになってしまったのですが、看護師さんが別室で「大丈夫ですよ、不安にならなくていいからね。一緒にゆっくりでいいから治していこうね」と声をかけてくださいました。また、診察を終えて次回の再検査の予約等も丁寧に説明してくださり、「ここの病院だったら元気になれる、絶対大丈夫」と心から思うことができました。
大学病院は少し敷居が高いイメージだったのですが、患者の気持ちになって声をかけてくれる、そして前日の連絡もきちんと行き届いている、というところに驚き、またとても嬉しかったです。長い戦いになりますが、ゆっくり先生と一緒に治していきたいと思います。金沢市の病院での出来事でした。そういえば知り合いには金沢市で看護師として働いている子もいてます。看護師転職金沢市で色々と看護師の事を学びたいと思います。

綺麗な看護師さんを正面から支え助けたこと

今から数年前の出来事です。私の息子が長期にわたり入院をしていました。家内と私とで交代で病院の病室にやって来ては息子の世話や看病をしていました。その中で若い女性の看護師さんも2・3名ほど交代で息子の様子を見に来てくれました。まだ息子は目が見えない時期だったので(今は良く見えます)ベッドで過ごすことが多かったです。
ある日綺麗な看護師さんが朝やってきて息子の世話をしてくれました。私も丁度そこにいましたからいっしょに息子の様子を見ていました。その方とは話をよくしてくれ気軽にしゃべってくれました。息子とも親近感がある感じでした。仕事の激務のためかなぜか疲れた感じでした。息子をトイレまで連れて行ってくださった後に点滴の容器を用意してくれました。そしてベッドから離れたとたんにその方の身体が前にふらっとした後に床に倒れそうになりました。私がそばにたまたまいたので、すぐに正面から支えました。ちょっとかるくハグをした感じになりましたが、転倒することなく助けることができました。ちょっとどきどきしましたがやっぱり女性ですね。とても良い体験でした。
相手もちょっと恥ずかしい感じでしたが、「ありがとう。」とお礼を言っていました。そんな体験をした病院は私が住んでいる守口市の病院でした。地元に温かいケアをしてくれる病院があることは非常に助かります。

守口市看護師求人にはナースの求人情報以外にも病院の情報などが書かれていて非常に興味深いですよ!

初めての入院でしたが快適でした

仕事関係のセミナーの後トイレに立って帰ってこないと心配した同僚に発見され、救急車で搬送、そのまま入院となりました。
病院へ入ったことは覚えているのですが、ところどころ記憶が飛んでます。
ストレッチャーに乗せられて検査室へ行く間天井が見えてました。
その後記憶(意識)が途絶え気が付いたら病室でした。
周りを見ると両親が…。
意味が解らなかったのですが、聞くと三日程意識が戻らなかったそうです。
その後、先生から話を聞くと、本当に一歩手前だったそうです。
病気の原因としては生活習慣(飲酒)に有るそうで、退院してからは生活を悔い改めるよう言われました。

で、実際の入院生活ですが、私が入院した病院は看護師さんのレベルが高い高い。
グラビアで見るような雰囲気の看護師さんがいっぱい。
当然こちらは患者なので優しく丁寧に接してくれますし、悪さをすればちゃんと怒られます。

入院して良かったのは、とにかく規則正しい生活に”慣れる”事ができます。
そうすると、あの病院食がとにかく美味しく感じるようになります。

他に、とにかく入院患者は最優先。
検査なども時間が決まってるので最優先。
飲み物は自販機で買えますし、テレビも見放題。
ネットもPCを持ち込めばやり放題。
後で聞いたら差額ベッドだったようで退院したら親に”ベッド代払え”と言われました。

その後体調が有る程度回復したので病室移動になりました。
部屋からナースセンターが良く見えて良かったのですが、後で聞いたら生命に危険がある患者が入る部屋だったそうです。
移動した部屋はワンフロア上がったところでやはりナースセンターの傍でしたが、こちらの看護師さんはベテラン揃い。

で、お見舞いに来る友人には、ナースセンターに行くならワンフロア下が良いよと伝えたところ、
来る知人が皆”確かに可愛い人多いね”と言ってました。

他には”病院は出るよ”と、言われてましたが、そんな気配は有りませんでした。

と、こんな感じの入院生活でした。

看護師求人神戸からナースの求人状況が把握できますよ!

命を守る現場の人の行動

妊娠中に通っていた病院での出来事です。現在でも、携帯電話は
決められた場所で使用するようにとの張り紙がかなり目につきました。

そんな時に、ナースセンターの前で堂々と大声で携帯電話で話を
している男性がいました。言葉遣いや、服装、態度などからちょっと
関わりたくないと判断されるような男性だったので、みな、迷惑
だなと思いながらも関わらないようにその場から離れていきました。

すると、一人の看護師さんが「張り紙を見てないんですか。ここは
携帯電話は禁止です」と注意をしに行ったのです。勿論、相手は
聞こえないふりをしています。それでも何回も同じことを言い続けて
いました。

すると、「わかったよ、うるせぇなぁ」とすごんで見せたのです。
それでも、その看護師の方は目をそらさずに同じことを言い続け
ていました。しばらく、にらみ合いが続いていましたが、看護師さんの
一言でその男性は電話を切りました。

「ここは病院です。一秒を争う患者さんが入院しています。機械を
使って命を繋いでいる人もいるんです。その人たちの命を奪う行為を
私達は絶対に許しません。あなたには人の命を奪う権利はありません」

ここまではっきりと言える看護師さんがいるこの病院を私は素晴らしいと
思いました。そしてその状況から誰も目をそらさず、決意のような眼差しで
見守っていた看護師さん方に尊敬をしたいと思いました。

名古屋の病院に興味のある方は看護師転職名古屋で好待遇の求人情報がゲット出来ますよ!

私の病院内での体験談

私は、アトピーのため週1回のペースで飯田橋にある挺身病院に通ってます。月に1度診察を受けて、あとは光線治療のために通ってます。いつもは予約を入れてから行くのですが、たまに仕事の都合で飛び込みでいく場合もあります。飛び込みで行くとたいてい2時間は待たされます。挺身病院は診察で待たされ、会計で待たされの2重に待たされるので非常に困っています。光線治療の時は、だいたい飛び込みで受けに行くのですが、例によっていつも混んでいます。混んでいてかなり待たされるのでイラついてしまうのですが、担当している看護師さんの対応が良く、そのイラつきも何処かにぶっ飛んでしまう気分にしてくれます。挺身病院はアトピー治療に、大学病院では珍しく力を入れているので、そんな噂を聴いたので、通っている次第です。診察が終わり会計でも20分くらいは平均で待つのですが、コンビニとカフェ、食堂などが院内にあるため、会計で待っている間はカフェなどで食事などをしながら気長に待てるようになりました。他の患者さんも待たされて怒りだす人もあまり居なく静かで感じの良い病院です。私もそんな感じの良いこの挺身病院が気に入ってます。先生も看護師さんも感じが良いので安心する感じです。

看護師転職札幌では現在の看護師さんの求人状況などが確認できるのでとても便利です。また、札幌市内の病院などの情報も記載されています。

入院中の相部屋で起きた出来事

病院に入院していたときのこと、相部屋に後から一人の外国人女性が入院してきました。タイやフィリピンのようなアジア系の方でした。
その女性は8時前の早朝や夜の消灯後に病室内で通話したり、消灯後の22時過ぎに何か食べたりとルールを守れない患者でした。看護士さんは気づく度に優しく注意していました。
たまにお姉さんがお見舞いに来て、片言の日本語とどこかの国の言葉で何時間も大声で話していました。
あまり動かないように看護士さんに言われているのに病室から出歩いて、充電が切れたのか点滴の器械がアラーム音を出してしまい、看護士さんに連れられて戻ることもありました。
看護士さんに注意されると「すみません」とあらためるのですが、その時だけで、同じ事を何度も繰り返す患者さんでした。
そんなある日、お見舞いに来たお姉さんとその患者さんがおしゃべりをしている間に食事の時間になり、病室に食事が運ばれてきました。同室の他の患者さんたちも食事を始めてしばらくたった頃、看護士さんが病室に入ってきてその外国人の患者さんの方へ行きました。しばらくすると急にその患者のお姉さんの怒鳴り声が病室に響き、食器を床にひっくり返す音が響き渡りました。「オマエ、なめてるんだろ!?」「拾えよ!」とお姉さんが片言の日本語で看護士さんに向かって叫んでいました。
すぐに他のベテラン看護士が来て仲裁していましたが、私を含め同室の患者たちは何事かと驚きました。どうやら、外国人の患者が看護士に注意され、お姉さんが言い方が気に入らないと逆ギレしたようでした。
後から看護士さんが「お騒がせしてすみません」と他の患者に謝って回っていましたが、看護士さんへの同情を禁じ得ませんでした。

私の地元福岡では看護師の転職求人が結構頻繁に行われているみたいです。

看護師転職福岡では多数の求人転職情報が見られるので気になる方は是非。

さっと手を貸してくれた整形外科の看護師さん

腰が痛くて整形外科に行った時のことです。
特にきっかけとなる出来事もないのに、ある日歩くのもつらいほどの痛みに襲われての受診でした。

なんとか受付を済ませて待合室の椅子に座っていたところ、名前を呼ばれました。
しかし、あまりの痛みに立ち上がることが出来なかったのです。

どうしよう、と思った瞬間、通りかかった看護師さんが、私の様子にさっと気付いて、手を貸してくれたのです。本当に一瞬の出来事だったので、とてもびっくりしたと同時に、看護師さんってすごいんだな、と感動しました。
看護師さんに連れられて診察室に入り、その後は検査にも付き添ってもらいました。ぎっくり腰かと思いきや、「骨と骨の間が狭くなっている」というような話で、ヘルニアに近い状態でした。
その日は終日、看護師さんが帰るまで近くにいて手を貸してくれました。

病院に行くまでの道のりも、道端のフェンスにつかまりながらでなければ歩けないほどの状態だったので、本当に助かりました。
痛みはひどかったのですが重症ではないということで、痛み止めと湿布を出され、コルセットをしてしばらく過ごし、その後に回復しました。
今でも、何かあったときの整形外科は、そこに通っています。とても助けられた思い出です。看護師転職大阪からたくさんの看護師求人情報が得られますので気になる方は一度ご覧ください。

病院のお話し紹介します

はじめまして!

現役ナースのあゆと申します!

私は現在大阪のとある大学病院で勤めています!

最初は脳外科で働いていましたが、現在は消化器外科の方で勤めています!

今よりも脳外科で働いているときの方が激務で、消化器系の方がうちの病院は若干落ち着いていますね。

 

そんな私ですが、今年でナース歴が10年になります!

 

よく10年も大学病院で勤めれたなって自分でも驚いています!

10年もいたらそりゃ病院内でも色々なことがあります。

このブログではそんな話を中心に、色々な方の病院での体験談をご紹介したいと思います!

 

その他、現役ナースのおすすめ求人情報なんかも紹介したいと思っていますので、皆さまどうかよろしくお願いします!!